太陽光発電の様々な利用~ソーラーパワーで有効活用~

作物と太陽光をシェア

ソーラーシェアリングのすべて

ソーラーシェアリングを漢字にすると、「営農型太陽光発電設備」といいます。太陽光の力を作物と太陽光発電でシェアをしていこうという取り組みです。まず、注意が必要なのは太陽光をたくさん発電することだけを考えていていけないことです。そのことだけを考え、隙間をなく太陽光パネルをつけてしまうと、その下に実っている作物が太陽の栄養を受けることが出来ません。なので、隙間をあけ作物にも太陽が当たるように配置しなければならないのです。ソーラーシェアリングのメリットは、蓄えた太陽光発電によってできた電力を売電し売電収入が期待でき、同じ場所で栽培した作物の分の農業収入も手に入れることが出来るのです。ソーラーシェアリングのこれらの動きはTPPによって減収された双方の業者の助けにもなります。

知っておけば損をしないこと

作物には栽培に適した日光量を与えることが大切です。作物や植物の光合成は一定量以上の日光を与えても増えないのです。そして、強い日光を与えても有害になるだけです。ソーラーシェアリングの利点を紹介します。農業の機械は燃料のコストが大きいため、これからハイブリッドカーを開発することができたら太陽光の発電で蓄えたエネルギーを利用して充電・操縦が可能になります。売電することが出来たら、収入が安定し、地域も発展して街のサービス業や工場なども盛り上げることになります。パネルにもたくさんの工夫があります。パネルの角度調整によって光量が調整できます。トラクターの邪魔にならないように配置できるソーラーパネルもあります。